テクノロジー01CO2削減問題や原子力に代わる新しいエネルギーの必要から、いま太陽光発電が大変注目されています。この太陽光発電は住宅の電力をまかなうだけでなく、他にも様々なものに利用されています。その中でも人気なのが、太陽光発電によって走る車です。数枚の太陽光パネルを設置し、それによって得られる電力によって車を走らせるわけですが、いったい最高速度はどれくらいのスピードになるのでしょうか。

太陽光パネルを増やせば増やすほど発電量は増えてスピードも出るように思うかもしれませんが、重くなったり、バランスが悪くなったりするので、必ずしもスピードが出るようになるわけではありません。また、瞬間的に100キロを超すようなスピードが出たとしても、すぐに電力を消費して力尽きてしまうのも問題です。実は、太陽光発電で走る車のギネス記録というのがあり、現在88キロがギネス記録となっています。このギネス記録認定には一定の基準をクリアしなければなりません。まず、最高スピードを維持したまま500メートルを走らなければなりません。しかも、往路と復路の合計2回で達成する必要があります。従って、スピードプラス持続力が要求されるわけです。88キロという記録はオーストラリアのニューサウスウェールズ大学のチームが達成したものです。