CD・DVD世の中にライセンスと名のつくものは色々あるのですが、
自動車競技の公式試合にでるために必須の資格があります。

中でも電気自動車は、スピーディな走りと環境にも良い自動車としてよく知られてきて注目が集まっていますす。
ところが、以前は一般の自動車競技と同様の扱いではありませんでした。
しかし、1997年から講習会を受講しライセンスを取得すると国内の公認競技会やFIA主催のソーラーカーレースにも出られるようになりました。
JAF発行のライセンスの種類は、「4輪自動車競技」用のライセンスと「カート競技」用のライセンスですが、ドライバーとして競技に参加するには、まず国内ライセンスを取得します。

でも国内だけでなく、海外でも競技に参加したいという場合、国際ライセンスが必要です。
国際ライセンスには、A・B・Cのライセンスの他、F1へ出場できるスーパーライセンスなど6種類があります。

条件としては、16才以上で受講できます。
つまり、自動車運転免許証はなくても講習を受けられますが、実際には普通自動車以上の運転免許証が必要になります。
又、18歳以上になると、JAFの会員なる必要があります。

毎年更新が必要で、毎年11月から翌年12月まで1年間有効です。
更新を忘れた場合には、新たに取り直さないといけなくなりますので注意して下さい。