テクノロジー02太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換することが出来るものを太陽電池と言います。
これは太陽光発電の要でもあるものなのですが、現在の世界水準における、太陽電池の効率と言うものは40%程度であると言います。

住宅の屋根の上には、複数の太陽電池を取り付けることで、住宅の中での電気として利用することが可能になりますが、車の場合は限られた場所のみという事になりますので、バッテリに充電した電力と併せて利用する形になるわけです。
仮に、車の上だけに太陽電池を取り付け、効率の良い太陽電池であれば、日中太陽の光を受けることが出来る事で自動車の走行は可能であっても、光が遮られることで発電が停止しますので、そこで自動車の走行は出来なくなります。
そのため、太陽電池で発電した電力と、バッテリーの電力の2つは必須と言えるのです。

2つを組み合わせることで不安定要素はなくなり、夜間での走行も可能になります。
しかしながら、夜間は太陽光発電が行われませんので、バッテリーの電力のみで走行させることになります。
それゆえに、バッテリーの蓄積量が重要な鍵を握ることになりますが、蓄積量が多い分、充電にも時間を要しますので、短時間で充電が可能になると言う事が求められるのです。