}PgžxQ太陽電池車によるカーレースというものは、既に世界各地で行われています。

この端緒となったものが、1985年にスイスで行われたツール・ド・ソルであり、これがヨーロッパやアメリカ、オーストラリア、そして日本における太陽電池車によるレース開催を促すものとなりました。

こうした中でも、現在、世界の三大レースと呼ばれているものが、日本の秋田県大潟村で行われているWSR、オーストラリアのWSC、アメリカのサンレースです。

この太陽電池車によるカーレースは、自動車メーカーと大学とがタイアップして、テクノロジーの向上を促すためのものとして企画されたもので、今では世界的なイベントとして定着しており、大学の工学部はもちろんのこと、高校生のためのレースも行われるようになっています。

このレースでは、いかに効率的にエネルギー消費をコントロールできるか、といった点が最大のポイントになっていると共に、太陽光による日照量の変動といった気象条件に左右されるものであるために、天候の予測によるレースプラニングが不可欠のものとなり、その一方で天候を睨みながら、いかに無駄なく効率よくエネルギー消費をコントロールして、最小のエネルギー消費で最大のパフォーマンスを発揮させることができるか、という頭脳とテクノロジーの勝負、といったレース内容となっているのです。