テクノロジー04車体の表面に取り付けられた太陽電池パネルによって得られる光のエネルギーを電気に変換して動力とすることが出来る新世代の自動車が注目を集めています。現在は実用化するためというよりもレースに使って速さを競い合う事が世界的に流行しています。世界で初めてのレースは1985年にスイスで開催されたツール・ド・ソルでした。その後多くの国で同様のレースが開催されていきました。開始当初は工学系の大学生のスキル向上のために各大学で行われていましたが、現在では高校生のクラスが設けられたり沢山の企業も参戦しています。このレースの意義は電子工学や機械工学の知識に加えて気象条件を戦術に盛り込んだマネージメント能力も必要とされるため、開発者の技術的なスキルアップと近年問題になっている環境問題に対しての打開策を生み出すことです。このレースの難しい点はコースと気象条件によって戦略が大きく変化してしまう事です。標高の高いコースでは必要な出力を正確に算出しなければならず、太陽の見かけの位置も常に変化していくため信頼性の高い天気予想を得たチームが有利なぺースを握る事が出来ます。ルールは所定の場所毎に時間が競われ最終的には総合時間が少ないチームが勝利します。